2007年12月09日

ライブ!

昨夜、剛Finalライブ行ってきた。代々木体育館。
昨夜、今日と二日間で今回の全国ツアーも終わり。

ライブ!

今年は初日の埼玉も行ってたので、ある程度わかってたけど、
いやぁ、セットリストよかったです。よすぎです。
席もまずまずよかった。

このツアー。「Come on Stand up!」なので、この歌で始まる。
ヒートアップ。が、私の隣のカップルだか夫婦は立ってはいるが、
もうひとつ殻を割れてない感じ。
ちょ、ちょっとその隣で大声張り上げてこぶし突き上げてる自分が
滑稽か。いや、この空間で盛り上がらないほうがつまんねえ。

そして、「明日へ向かって」。「キターー」
最高潮に盛り上げる。どいつもこいつも大声張り上げる。
肝心の隣もこれでこぶしを突き上げてた。やはりこの歌は何かある。

弾き語りで乾杯を久々にやってくれた。ほぼ観客が歌ったが。

で、驚きが「神風特攻隊」。前回は普通に歌い上げたこの歌。
すっかりオリジナルになってました。
これは、一言では表せない。戦争の意味を剛なりに表現したもの。
こんなメッセージ性の強い歌を歌えるのは他にいないのだろうか。

「戦争に勝ちも負けもありゃしない」
「昔、オレたちの幸せのために神風特攻隊で命を落とした若者が
 いるのなら、それを日本人として誇りに思う」
と、歌い上げた。会場全体が言葉を失った。
改めて戦争を考える機会を与えられた。

約3時間強のライブ。アンコールで何曲歌ってくれたことやら。
愛犬レオの登場もあった。
「Come on レオ!」でレオがステージへ走ってきた。すげえ。

最後に「Hold Your LAST Chance」
悔しくも涙腺がやばかった。

初日と比較するとパワーアップして帰ってきた。
行ってよかった。心から思う。

声も右肩もボロボロのままいつもの後輩と飲んでカラオケ。
周り色気ある中、男二人むさくるしくカラオケ。
歌う曲はもちろん「長渕剛」さらに男臭くなる。

今日はチケットないので、いけません。
というか、もう体力が。。
posted by ベフスプリング at 11:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

剛ライブ!

どうやらミルさんが50000踏んだようです。
おめでとう。以上。

さて、ライブいってきました。場所はさいたまスーパーアリーナ。
今回は3時間以上やってくれました。てか、6時半開演が7時開演。
まぁマイド運営のまずさ?には慣れたもんで、こんなもんだと思えてきてる。
何せあの桜島経験してるんで、こんなもんヘでもないよねぇ。

7時半開始で終わったのが10時45分位?とか。

ネタバレキケンなのであまり詳細書きません。
(と、言ってもPV少ないから問題なさそうだけど)

・あの曲の詩があの曲に!とか
・期待にこたえて、やっとやってくれました!とか
・即興ぽい歌から、流れるように次の曲へとか

いやいや、もう久々にいい時間すごせたなぁ。

で、9/7は剛バースデー。ハッピーバースデーがファンから歌われる。
これがアンコールみたいなもの。51歳。すごすぎる。。
年を重ねる毎にすばらしい声になっていってるような気がする。
51歳で、あのギターテク、ハープテクに声。

でっかい特製のケーキが用意されていた。
というか、アンコール後に30分くらいやってくれた気がする。
しかも、アレとアレとアr・・・・うわあ、感激の雨アラレ。

最後の曲にアレだったもんで、なぜか終わるまで疲れを感じずにずっとコブシを
振り上げ、叫ぶように大声で歌ってた。

そして、終わってみれば、毎度のことのようにノドカラカラで痛いし、
耳がジンジンするし、肩が痛い、腕が痛い。
なので、今はそのつかれがドドドと出てきて、ナニを書いてるかわからないという・・・

というわけで、5万という区切りを向かえそろそろ本ブログも
閉じたいと考えてます。また、気が向けば別な形で現れるかもしれません。

最後までお付き合いいただいた方、そうでない方、長い間ご愛顧ありがとうございました。

posted by ベフスプリング at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

つよし!

今年もライブ行く予定。例の後輩と9/7に。
ていうか、東京ではやらんのね・・さいたまスーパーアリーナだそうで。
前回の一昨年は横浜アリーナだし、その前は鹿児島桜島だし。

とにもかくにも、久々ライブなので楽しみ。

で、今回のエマさんコーナー。

ちょ、後ろ!

エマさん凝視

露骨な顔

カミーユの部屋です。部屋のど真ん中にパンツ干してます。
そして、恥ずかしいとかじゃなく、露骨にイヤな顔するエマさん。笑えます。

ていうか、部屋のど真ん中にパンツ干すものなのかと。
いやいや、戦艦が飛ぶ時代なんだから、乾燥機とかあるだろ。
posted by ベフスプリング at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ニューアルバム

長渕剛ネタ。
5/16にニューアルバム「Come on Stand UP!」が発売されました。

かれこれ4年ぶりだそうです。
去年はシングルだけだし、2005年はベストっぽいアルバムYAMATO。
2004年はオールナイトライブのCD。
オリジナルCDとしては「Keep On Fighting」以来と考えると4年か。

一時期、毎年のように出してきただけにこの4年というのはかなり
長いですね。ただ、Bruce Springsteenファンの私としては4年とか
余裕で待てたりします。1曲に半年とかかけちゃうし。

おっと、今回は剛だ。
アルバム発売ということで、メディアへの露出がすごかったですね。
テレビに関しては、「さんまのまんま」とか、計3番組は見ました。
上田との掛け合いとか面白くていいんですが、個人的には、
ピーターバラカンとの対談が興味深くて、やっぱデカイ人だと再認識。

まぁ出すぎなんじゃ?と思いつつも露出してくれてウレシイという
ファン心理の状態でしたね。

さてアルバムのほうですが、始めて通して聞いた感想は、なんというか
まず始めに「Captain of the Ship」が頭に浮かびましたね。
このアルバムひっさげてツアー回るとなると、またCaptain〜のツアーの
ように悪夢が・・とか。

まぁじっくり何度か聞くと、バラード系が結構あったり、
相変わらず、聞けば聞くほど味がでるというものですね。

前出のBruceの曲と似てるものあったり、個人的には「観覧車」は
お?ブルーハーツ?(懐かしい)とか思ったり。

「夕焼けの歌」は桜島終わったあと、DVDに納められていた曲で、
既出の曲だったけど、かなり好きな曲だったのでOK。

最後の「鶴になった父ちゃん」。コレは泣ける。去年だかになくなった
父親を想っての歌だけにかなりのもの。
最初これを聞き終えた後、Bruceの「Born to RUN」の最後の曲「Jungleland」
を聞き終え、CD一枚分の物語を閉じた感じに似ていた。

歌い手であり、ギターの使い手であり、ハープもかっちょよく吹き、根っからの
ミュージシャンだけど、やっぱり私は「長渕剛=詩人」だと思う。
彼の吐き出す言葉は彼にしか思いつかない何かをいつも感じる。
聞けば聞くほど、言葉を噛みしめて、理解すればするほど、心動く感じ。

ちなみに、うちの子供達が食いついてきたのは
「いけ!いけ!GO!GO!」という歌のサビのとこ。
これはこれで、子供受けするらしい。

気になる方、ぜひ聞いてみてくださいな。

フォーライフ
HMV
posted by ベフスプリング at 20:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

偶然にも剛出演の放送を聞いた

久々に剛ネタも。

家族が帰郷して、数日一人になってたんですが、最初はいいけど、
やっぱしばらく経つと、家族が恋しくなったりする。
自由な時間が終わりそうで、もう帰ってくるのかという気持ちも
あったりして複雑だが。

家族を迎えに羽田まで車で行った。
湾岸を通っていくので、自然と「LICENSE」のフレーズが頭に流れたりする。

 ♪
 オレは初めて、オヤジやおふくろをたまらなく愛した〜
 取ったばかりのカーライセンス、あした〜、羽田に迎えに行く〜

車乗るときは、家族が嫌うので滅多に音楽流さない。
なので、車の中には音楽が何もないから、ラジオをつけてみた。

何も気にせず聞いてると、DJが
「長渕剛さんとお話した模様をコノ後流します」こりゃラッキーだ。

しばらくすると、その対話してる様子が流れた。

しかし、、、湾岸の受信状態悪くよく聞き取れない・・・

「スーパースター」「親知らず」この二曲を流してた。
羽田付近までくると、受信状態よくなったので堪能。

もうすぐ50なおっさんだけど、やっぱすげー人だと再認識。
車の中で大笑いしたり、うなずいたり。

ちょうど羽田に着く頃に放送も終わり、いいタイミングだなと感心し、
到着ロビーへ。そして、10分くらい前に飛行機が到着してるらしく、
出口を見れば、荷物待ちしてるカミさんと子供達。これまたグッドタイミング。

私を見つけると超ダッシュで走ってくる息子。体当たりしてきた。
それをガッツリ受け止め抱き上げた。

マシンガンのように郷里での出来事を話してくる3人。
正直、うるさい。でも、またそれがよかったりする。
posted by ベフスプリング at 15:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

懐かしい映像

剛と尾崎。

BS昔録った剛

BS昔録った尾崎

剛、「愛してるのに」でピアノ弾いてます。

尾崎は、「Forget me not」の場面。

2曲ともイイです。涙腺キマス。
posted by ベフスプリング at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

剛が公園ライブ?コレは夢だった!

どーでもいいんですが、久々に夢見ました。

場所はうちの近所に公園。ブラブラ歩いてると、公園の一角に人ごみがあり、
「シャーーー、シャーーー」とこぶしを上げている。

ん?なんだあれ?と近づくと、な、なんと剛がライブやってますよ。
しかも、夏祭りで使う舞台をステージにして。

♪でっかいゆーーきのはなーーー。今こそさかせーてやれーー
♪はーなびらのいろはシロかくろかのーーーー、どーーっちかだーーー

おおお、、急いで近づいて混じる。
なぜか隅っこでその人ごみ。他のスペースでは子供が遊んでるという・・

と、その勇気の花で終了。あー、最後だったのかよーーと見てると、
控え室がないらしく、舞台の隣の一角にロープで仕切られたトコで、
スタッフがいた。そこに剛も休憩。そう、丸見え。

近くまで行って、声をかける。

私「剛さん、なぜココでライブを?」
剛「おいおい、全国ツアー中よ。何言ってんだよ。うはは」
私「マジカー、この会場はチェックしてなかったっすよ。」

(いや、こんな公園が全国ツアーの会場となるのはオカシイ)

ふと、テーブルを見るとその日の台本というか、公演プログラムというか
そんなものが置いてあって、表紙には

「ライブ in ○○○公園」

うは、こんな本まであるんだ・・・っと、このとき目覚ましの剛の曲で起床。

って、すげーーありえねええ夢だった。
posted by ベフスプリング at 20:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

つ・よ・し!つ・よ・し!

行ってきました。10/9 YAMATOツアー初日ですよ。
場所は横浜アリーナ。両肩、ノドが痛いです。

感想書こうと思うんですが〜、あまり詳しく書くとネタバレになるんで、
雰囲気だけでもということで、あとは、

こちらから
posted by ベフスプリング at 14:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

長渕:ラジオ出演・・・聞けず

結局、聞けませんでした・・・

台風だったんで、早めに10時頃帰宅。この時点で半分アウト。
家へ飛び込むなり、電車男を見てるカミさんに、

 私「ちょ、ちょっとラジ、ラジオ、ラジフォォォーー」
 カミさん「ハイ?ラジオ?なんで〜?」
 私「イイから、ほら、ラジオあったろ」
 カ「あったっけ??」
 私「ほらよ、目覚ましで使ってたやつ。あったろよー」
 カ「あーー、あのうるさいやつね。あれ使わないし、●●(下のクソガキ)が
   壊したから、先週の掃除で捨てたよ」
 私「・・・・・ど、どういうktDA−−−聞けないじゃないか!」
 カ「(ナニ聞くかしらないけど)アレは?(CDラジカセ指して)」
 私「それもこわれてるがな・・・」

はい、うちにはまともにラジオの聞けるハイテクマシンはありませんでした。
まぁFM横浜なんで電波来るかびみょーなんですがねぇ。
posted by ベフスプリング at 13:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

新曲CLOSE YOUR EYE / YAMATO

コレです。

昨夜、会社から帰宅時。家の近所のドン・キホーテで入手。
23時超えてたんで、あきらめてたけどココなら売ってるかも!
ということで寄ると、ありました。
ジャケットが日の丸を意識したような感じがYAMATOと重なる、
そのCDをゲッツしてきました。

ザ・バラード。これぞラブソング。
え〜、オマエ剛馬鹿だと何とでも言ってください。
イイものはイイ。シンプルだけど、イイものはイイ。

過去に聞いたような曲だ、シェリー?そんなこたーどーでもいい。
剛の発する言葉がメッセージが音楽と共にグイグイと身にしみます。

 「キラキラ光る、流星の群れ」

映画「男たちのYAMATO」を読んだときこのフレーズが沸いたそうだ。
(by ぴあのインタビュー)

詩人ですね。キレイなフレーズですね。
ほんとに彼独特の言葉がとても心地よいです。
まぁ、、肉体美を誇示するようなポーズはノーコメントで。

はい、仕事中ずっと聞きながらですわ。
posted by ベフスプリング at 12:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 長渕剛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。